キッチンスペースに必要なカップボード(食器棚)。

日本人である私たちの食事は、多国籍な傾向にあるので、

和・洋から、中華の食器・・・とデザインも大きさもまちまちです。

見た目に美しく収納するのは至難の業ではないでしょうか。

H様邸では、家電収納に引き続き、やはりこちらも隠す収納で(‘-^*)/

名古屋・一宮のキッチンスペースプランニング【PA★DU-DUE】のブログ-オーダーキッチン 収納
ワイド1m80㎝、奥行60㎝、高さ2m17㎝。
食器棚としては大容量です。
まるで、クローゼットのようなデザイン。
とてもすっきりしています。
開けてみると・・・
名古屋・一宮のキッチンスペースプランニング【PA★DU-DUE】のブログ-オーダーキッチン ホワイト 収納
やはり、下の方は引き出しスタイルが使いやすいと思います合格
このように、引き出しを内部にセットする方法は、
コストダウンをするにも効果的なのです。
扉でしっかり隠してしまうと、外観もすっきりと美しい。
イイことずくめかと思いきや、
頻繁に出し入れをする場合には二度手間(扉を開く+引き出しを引く)
なので、ストレスを感じやすいという面もあります。
収納もケースバイケース。
全体のボリュームや容量を考慮して
計画することが必要です。